確定申告しなかった場合のペナルティ

 アフィリエイトで収入を得ていて、確定申告義務があるのに、申告しなかった事を税務署から指摘された場合、ペナルティが発生します。
 ペナルティには加算税と延滞税があります。

加算税

 加算税の金額は下の表のとおりです。

50万円以下の部分50万円超の部分事実の隠ぺい・
仮装があった時
無申告の場合15%20%40%
申告したが、納める
税金が少なかった時
増加した金額
について10%
増加した金額
について15%
増加した金額
について35%

 たとえば、70万円の税額を申告しなかった場合、
 500,000 × 15% + 200,000 ×20% = 115,000円
 となります。

 事実の隠ぺいとは、所得を隠していた場合等が該当します。

 仮装とは、架空の領収書などを作成するなどし、経費を水増ししたりする行為等が該当します。

 申告はしたが、60万円の所得を隠していた場合、
 700,000×35% = 245,000円
 所得税が増加します。
 他に住民税にもペナルティはあり、税金は申告した場合より増加します。

延滞税

 延滞税とは、加算税の他に、税金を払っていなかった期間の利息のようなもので、金額は下の表のとおりです。
 未納付の期間が長ければ長いほど、金額は大きくなっていきます。

延滞税の利率
確定申告期限から2ヵ月まで「前年の11月30日の日本銀行が定める基準割引率+4%」 と 「年7.3%」の低い方
確定申告期限から2ヵ月後~「年14.6%」
 平成20年1月1日以後は4.7%

 申告してないのに、税務署から連絡がないからといって、安心していると、ギリギリになって税務署から問い合わせがあり、延滞税がかなりの金額になるケースがあります。
 申告していない場合は、早めに連絡をもらった方が、まだましなのです。

 ペナルティは、かなりの金額になります。
 アフィリエイトで儲かった分が、ほぼなくなる可能性もあります。
 できるだけ、しっかり申告しておくことを推奨します。

 なお、税務署の調査を受ける前に、自主的に修正申告を行えば、過少申告加算税はかかりません。
 確定申告が期限後申告の場合は、無申告加算税がかかります。

おすすめ記事

アフィリエイトの税金

アフィリエイトの税金TOPページへ

スポンサードリンク