消費税の免除 法人化のメリット

 法人化のメリットとして、最大2年間の間、消費税が免税されることが挙げられます。

 消費税の納税義務で説明したように、消費税を納める必要があるかどうかは、2年前の売上高で判定します。

 法人を設立した場合、2年前に法人は存在していないため、2年前の売り上げがないので、消費税は免税となり、消費税を納める必要がなくなります。

 個人事業で、売上が1000万円を超えて2年経過した場合は、消費税が免税されるので、法人化を検討した方が良いでしょう。この場合は、所得税や他の税金も考えると、税理士への報酬を考慮しても、法人化した方が有利になる可能性が高いです。

 ただし、資本金1000万円未満で会社設立をしないと、消費税の納税義務が発生してしまいますので、注意が必要です。

 また、2年間の免除を受けるためには、設立1期目を1年間になるように事業年度を設定する必要があります。

おすすめ記事

アフィリエイトの税金

アフィリエイトの税金TOPページへ

消費税の納税義務

消費税の納税義務の判定とは?

スポンサードリンク